薄毛の予防と対策
薄毛が進行しているのかどうか、毎日自分で鏡を見ていてもわからないという人は少なくありません。

昔から生え際が上がっている人や、おでこが広いタイプの人の場合、人から見られて薄毛が進行しているのではないかと感じられてしまう事もあるのですが、髪の毛が薄くなっているわけではない人もいます。

薄毛が進行しているのか、おでこが広いだけであるのかを確認するためには、おでこにしわを寄せてみましょう。

おでこに入るしわは、おでこである証拠となりますが、しわが入らない部分は、薄毛が進行してしまっている可能性があります。

しわを上手に入れられないような人の場合には、物差しで測ってみましょう。おでこの広さが6㎝までであれば、髪の毛が薄いとみられることはほとんどありませんが、7㎝を超えたおでこの広さである人の場合、薄毛の進行が始まっている場合が多いとされていますから、育毛対策を取り入れ始めましょう。

一般的なおでこの広さが、4㎝から5㎝である人が多くなっていますから、6㎝を超えている場合には、注意が必要となります。

たとえ昔からおでこが広い場合でも、髪の毛が薄くなりやすい体質である場合が多いですから、早めのお手入れを開始するようにしましょう。

前髪を利用しておでこを隠す人は非常に多いのですが、前髪で隠せることができる範囲には限界があります。

おでこが広くなれば、その分前髪が長くなってしまいますから、隠すよりも、頭皮のお手入れを入念に行う事が大切です。