薄毛とアルコール
今回は薄毛とアルコールについてお伝えします。

アルコールを摂取すると、体中の血行が良くなりますから、頭皮の血行を良くすることができるように思う人が多いのですが、アルコールを摂取すると、肝臓で分解される時に、毒素を排出させることがわかっています。

アセトアルデヒドと呼ばれるアルコールから作られた毒素は、体の中でアミノ酸や、ビタミンなど、髪の毛を作り出し、体を正常に保つために必要な栄養素を大量に使用し、無害に変換されます。

大量に体や髪の毛に必要な栄養素を消費してしまう事で、髪の毛を作り出すことが出来なくなってしまったり、頭皮に栄養を与える事ができなくなってしまいますから、アルコール摂取は薄毛の原因となってしまうのです。

その他にも、アセトアルデヒドは、男性ホルモンの増加を引き起こします。男性ホルモンの分泌が多くなると、それだけ薄毛になりやすくなってしまうとされています。

飲酒をすると、肝臓がアルコールを分解することになりますから、肝臓に負担がかかってしまう事で、体の中の血行不良を起こしてしまう事がわかっています。血行不良は、薄毛の原因となる物ですから、飲酒が悪影響となってしまうのです。

軽くたしなむ程度であれば、それほど多くの毒素が体内で作られることはありませんが、毎日大量にお酒を飲む人の場合、それだけ薄毛を引き起こす要因を作ってしまう事になりますから、注意しましょう。

付き合いなどで飲酒をする機会が多い場合には、サプリメントなどを上手に利用し、髪の毛に必要な栄養素が不足してしまわないようにしましょう。