薄毛が進行してしまっていても、頭皮を隠さず、堂々としている人の場合、恥ずかしいと思われることはありません。頭皮が薄くなっていることを隠すようにしていると、触れてはいけない部分となってしまいますから、かっこいいハゲを目指すことはできません。

かっこいいハゲを目指すためには、薄毛を隠すようなことはせず、髪の毛が薄くなっていることを気にしない事、自分に自信を持つことができ、何事もポジティブにとらえ、薄毛を活かした髪型を楽しむことが出来る人が多いとされています。

逆に、ハゲている事でモテなくなってしまっている人とは、頭皮を隠す努力ばかりをしている人や、自意識過剰である人、ハゲているからモテないと考えるような人の場合、かっこいいハゲを目指すことはできません。

性格や顔が問題となっている事もありますが、薄毛になっている事をオープンにしている人の方が、モテますし、ハゲている事を周りが気にしていないという人が多いとされています。スキンヘッドにしたり、短髪にする方法も良いですし、柔らかくなってしまった髪の毛をふわふわにすることで、薄くなってしまった髪の毛を活かす髪型はたくさんありますから、ハゲてしまったからといって、隠し通すのではなく、自分を受け入れる事が大切です。

そうはいっても、実際にハゲてしまう事は、誰しも嫌だと感じる事と思いますから、育毛対策を取り入れ、少しでも薄毛の進行を抑え、ツルツルな状態になってしまわないようにお手入れをする事も大切です。