ウィッグ

ウィッグを利用

薄毛が進行すると、ウィッグを利用して頭皮を隠すという人は非常に多いとされています。

呼び名はお洒落になりましたが、昔ながらのかつらと呼ばれる物となりますから、人にばれてしまうと、非常に恥ずかしい思いをする事になりますから、使用には注意が必要です。

最近では、ウィッグの性能が上がってきており、簡単にはわからないようになっていたり、水にぬれてもわからないように作られている物が多くなっています。

女性の場合には、ピンを利用して自分の髪の毛に固定するようなタイプの物が多くなっていますが、男性の場合には、かぶるタイプのウィッグではなく、自分の髪の毛に編み込むようなタイプや、シールタイプになっており、頭皮に張り付けるような物が多くなっています。

かぶるタイプの物は、固定していても、引っ張ると浮いてしまったり、ずれてしまう事が多いのですが、編み込むタイプやシールタイプの場合には、ひっぱってもわかりませんし、水にぬれても自然に見えるとされています。大手メーカーが販売しているため、購入するためには、非常に高額な支払いとなりますが、毛根が死滅してしまっており、どんなに薄毛対策を取り入れても、もう薄毛を改善することが出来なくなってしまっている人にはお勧めです。

ウィッグを利用する場合、植毛をするわけではありませんから、自分の髪の毛が伸びてくると不自然となってしまいます。

そのため、定期的にお手入れに通わなければいけないため、メンテナンス費用もかかることになります。