カテゴリー: 薄毛のマメ知識

かっこいいハゲを目指す!

薄毛が進行してしまっていても、頭皮を隠さず、堂々としている人の場合、恥ずかしいと思われることはありません。頭皮が薄くなっていることを隠すようにしていると、触れてはいけない部分となってしまいますから、かっこいいハゲを目指すことはできません。

かっこいいハゲを目指すためには、薄毛を隠すようなことはせず、髪の毛が薄くなっていることを気にしない事、自分に自信を持つことができ、何事もポジティブにとらえ、薄毛を活かした髪型を楽しむことが出来る人が多いとされています。

逆に、ハゲている事でモテなくなってしまっている人とは、頭皮を隠す努力ばかりをしている人や、自意識過剰である人、ハゲているからモテないと考えるような人の場合、かっこいいハゲを目指すことはできません。

性格や顔が問題となっている事もありますが、薄毛になっている事をオープンにしている人の方が、モテますし、ハゲている事を周りが気にしていないという人が多いとされています。スキンヘッドにしたり、短髪にする方法も良いですし、柔らかくなってしまった髪の毛をふわふわにすることで、薄くなってしまった髪の毛を活かす髪型はたくさんありますから、ハゲてしまったからといって、隠し通すのではなく、自分を受け入れる事が大切です。

そうはいっても、実際にハゲてしまう事は、誰しも嫌だと感じる事と思いますから、育毛対策を取り入れ、少しでも薄毛の進行を抑え、ツルツルな状態になってしまわないようにお手入れをする事も大切です。

プロペシア

プロペシアとは、薄毛対策に非常に効果があるとされている薬です。医師の処方がなければ、服用することが出来ない薬となっていますから、皮膚科や、薄毛外来などに出向き、処方してもらう必要があります。

飲む育毛剤とも言われているプロペシアですが、服用することで、男性ホルモンを抑制させることができます。AGAと呼ばれる男性型脱毛症の場合、原因が男性ホルモンの分泌となっていますから、プロペシアを服用することで、AGAの進行をストップさせることができるのです。

AGAは、徐々に髪の毛が細くなり、本数が少なくなるという症状なのですが、プロペシアを服用することで、髪の毛が細くなることも、本数が少なくなることも抑える事が可能となります。他の薄毛対策に比べ、かなり高い効果を得る事ができる方法となっていますから、薄毛に悩む人は、プロペシアの服用を考えてみましょう。

プロペシアは、医薬品となりますから、副作用も存在します。プロペシアの副作用としては、性欲が減退してしまうという症状や、吐き気や頭痛などの症状が表れてしまう人もいます。

性欲が減退してしまうため、子どもが欲しいと思っている人には、お勧めすることが出来ません。

女性の場合、プロペシアを服用しても、何の効果も表れませんし、妊娠中の女性が誤ってプロペシアを服用してしまうと、胎児が男性だった場合、性器に発育に異常をきたすことがわかっていますから、注意が必要です。

少量体の中に入っただけでも、胎児奇形につながりますから、女性は触らない方が良いでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、髪の毛を生やすことが出来るとされている成分で、内服をするタイプの物と、育毛剤に配合されているタイプの物があり、どちらも薄毛を改善することが出来るものとなっています。

ミノキシジルを使用することで、血管を拡張させる効果があることがわかっており、薄毛改善に効果的であるとされているのです。

育毛剤などに配合されており、外からミノキシジルを吸収させる場合、薄毛が進行しており、ミノキシジルの効果を得たい部分にのみ塗布することが可能となるのですが、内服により、ミノキシジルを摂取する場合、髪の毛だけではなく、体全体の毛が濃くなってしまう事もあるとされています。元々、ミノキシジルは、育毛のために開発したものではありません。

本来は血圧を下げるための薬として使用されていたのですが、副作用として、多毛症になってしまう事がわかってから、育毛成分として使われるようになった薬となります。

そのため、ミノキシジルを内服すると、血圧が下がってしまいますし、多毛症と呼ばれるムダ毛が多く体に生えてしまう症状が出てしまう事が多いため、服用には、十分注意をしなければいけません。

内服をするのは怖いと考える人の場合には、育毛剤からミノキシジルの成分を吸収させるのも良いのですが、ミノキシジルの成分により、肌がかぶれてしまうという人は、比較的多い症状となっていますから、初めて使用する場合には、少量から使用を開始し、一気に広範囲に塗布することで、頭皮にかぶれや炎症などを作ってしまわないようにすることが大切です。

ウィッグ

ウィッグを利用

薄毛が進行すると、ウィッグを利用して頭皮を隠すという人は非常に多いとされています。

呼び名はお洒落になりましたが、昔ながらのかつらと呼ばれる物となりますから、人にばれてしまうと、非常に恥ずかしい思いをする事になりますから、使用には注意が必要です。

最近では、ウィッグの性能が上がってきており、簡単にはわからないようになっていたり、水にぬれてもわからないように作られている物が多くなっています。

女性の場合には、ピンを利用して自分の髪の毛に固定するようなタイプの物が多くなっていますが、男性の場合には、かぶるタイプのウィッグではなく、自分の髪の毛に編み込むようなタイプや、シールタイプになっており、頭皮に張り付けるような物が多くなっています。

かぶるタイプの物は、固定していても、引っ張ると浮いてしまったり、ずれてしまう事が多いのですが、編み込むタイプやシールタイプの場合には、ひっぱってもわかりませんし、水にぬれても自然に見えるとされています。大手メーカーが販売しているため、購入するためには、非常に高額な支払いとなりますが、毛根が死滅してしまっており、どんなに薄毛対策を取り入れても、もう薄毛を改善することが出来なくなってしまっている人にはお勧めです。

ウィッグを利用する場合、植毛をするわけではありませんから、自分の髪の毛が伸びてくると不自然となってしまいます。

そのため、定期的にお手入れに通わなければいけないため、メンテナンス費用もかかることになります。

薄毛の予防と対策

どこまでがおでこ?!

薄毛の予防と対策
薄毛が進行しているのかどうか、毎日自分で鏡を見ていてもわからないという人は少なくありません。[br num=”1″]

昔から生え際が上がっている人や、おでこが広いタイプの人の場合、人から見られて薄毛が進行しているのではないかと感じられてしまう事もあるのですが、髪の毛が薄くなっているわけではない人もいます。[br num=”1″]

薄毛が進行しているのか、おでこが広いだけであるのかを確認するためには、おでこにしわを寄せてみましょう。[br num=”1″]

おでこに入るしわは、おでこである証拠となりますが、しわが入らない部分は、薄毛が進行してしまっている可能性があります。[br num=”1″]

しわを上手に入れられないような人の場合には、物差しで測ってみましょう。おでこの広さが6㎝までであれば、髪の毛が薄いとみられることはほとんどありませんが、7㎝を超えたおでこの広さである人の場合、薄毛の進行が始まっている場合が多いとされていますから、育毛対策を取り入れ始めましょう。[br num=”1″]

一般的なおでこの広さが、4㎝から5㎝である人が多くなっていますから、6㎝を超えている場合には、注意が必要となります。[br num=”1″]

たとえ昔からおでこが広い場合でも、髪の毛が薄くなりやすい体質である場合が多いですから、早めのお手入れを開始するようにしましょう。[br num=”2″]

前髪を利用しておでこを隠す人は非常に多いのですが、前髪で隠せることができる範囲には限界があります。[br num=”1″]

おでこが広くなれば、その分前髪が長くなってしまいますから、隠すよりも、頭皮のお手入れを入念に行う事が大切です。[br num=”4″]

薄毛は早めの対策を!

AGAとは

薄毛は早めの対策を!
AGAとは、男性型脱毛症の事を呼びます。男性型脱毛症とは、男性ホルモンが原因となり薄毛が進行してしまう症状で、AGA特有の症状が表れます。[br num=”1″]

AGAの場合、前髪の生え際から薄毛が進行してしまうタイプと、頭頂部から薄毛が進行してしまうタイプ、その両方が進行してしまうタイプとに分かれるのですが、最終的には、後頭部から耳回りにのみ髪の毛が残り、頭頂部から前髪にかけて、全てツルツルな状態になってしまいます。[br num=”1″]
遺伝的要因によりAGAが進行してしまう人もいますが、男性ホルモンの分泌が関係して起こる症状となるため、生活習慣の乱れや、ストレスなどが原因となっている人も多いとされています。[br num=”1″]

AGAは、薄毛と呼ばれる人の中の大半の人の症状となりますが、症状をストップさせたり、改善させることが可能です。[br num=”1″]

皮膚科に出向くことで、男性ホルモンを抑制させる内服薬を処方してもらったり、育毛効果が高いとされる塗り薬などを処方してもらう事で改善できまし、今は薄毛専門のクリニックなどもあり、薄毛専門の治療を受ける事でより薄毛改善効果が高い治療を受ける事が出来ます。[br num=”1″]

生活習慣の改善や、食生活の改善だけでは、AGAの進行を抑える事は非常に難しいとされていますから、確実に進行を止めたい場合には、出来るだけ早く薄毛専門のクリニックや皮膚科を受信し薄毛の治療をしてもらう必要があります。[br num=”1″]

AGAが進行してしまうと、髪の毛の本数が徐々に少なくなり、最終的には毛根が死滅してしまう状態となり、髪の毛が全く生えてこない状態となりますから、毛根が死滅してしまう前に、上記のような薄毛の改善対策を進めていくようにしましょう。[br num=”4″]

薄毛とアルコール

アルコールと薄毛の関係

薄毛とアルコール
今回は薄毛とアルコールについてお伝えします。[br num=”1″]

アルコールを摂取すると、体中の血行が良くなりますから、頭皮の血行を良くすることができるように思う人が多いのですが、アルコールを摂取すると、肝臓で分解される時に、毒素を排出させることがわかっています。[br num=”1″]

アセトアルデヒドと呼ばれるアルコールから作られた毒素は、体の中でアミノ酸や、ビタミンなど、髪の毛を作り出し、体を正常に保つために必要な栄養素を大量に使用し、無害に変換されます。[br num=”1″]

大量に体や髪の毛に必要な栄養素を消費してしまう事で、髪の毛を作り出すことが出来なくなってしまったり、頭皮に栄養を与える事ができなくなってしまいますから、アルコール摂取は薄毛の原因となってしまうのです。[br num=”1″]

その他にも、アセトアルデヒドは、男性ホルモンの増加を引き起こします。男性ホルモンの分泌が多くなると、それだけ薄毛になりやすくなってしまうとされています。[br num=”1″]

飲酒をすると、肝臓がアルコールを分解することになりますから、肝臓に負担がかかってしまう事で、体の中の血行不良を起こしてしまう事がわかっています。血行不良は、薄毛の原因となる物ですから、飲酒が悪影響となってしまうのです。[br num=”1″]

軽くたしなむ程度であれば、それほど多くの毒素が体内で作られることはありませんが、毎日大量にお酒を飲む人の場合、それだけ薄毛を引き起こす要因を作ってしまう事になりますから、注意しましょう。[br num=”1″]

付き合いなどで飲酒をする機会が多い場合には、サプリメントなどを上手に利用し、髪の毛に必要な栄養素が不足してしまわないようにしましょう。[br num=”4″]

ワンワン!

薄毛が改善出来ない場合には

ワンワン!

薄毛になってしまった人によっては、様々な薄毛対策、育毛対策を取り入れても、改善できずに、薄毛が進行が進んでしまう人もいます。[br num=”1″]

そのような人の場合、原因が追究できていない場合が多く、薄毛を悪化させてしまう行為を取り入れていたり、育毛対策が肌に合っていない場合などが考えられます。[br num=”1″]

育毛対策を取り入れても、全く改善することが出来ない場合には、薄毛専門のクリニックに通院をし、自分の薄毛がどんな脱毛症であるのか、診断して薄毛の治療をしてもらうのも良いでしょう。[br num=”1″]

育毛対策を取り入れる数が多ければ多いほど、それだけ頭皮改善に効果的となりますから、育毛剤を使うだけではなく、生活習慣の見直しや、食生活の改善、サプリメントの服用など、薄毛対策として出来る事を複数取り入れるようにしましょう。[br num=”1″]

通院、治療をしても、薄毛の改善ができない場合には、ストレスが原因となっている事が多いとされていますから、ストレス解消法を取り入れる事も忘れずに行いましょう。[br num=”1″]

人によっては、何がストレスとなっているのかわからないという人もいますから、ストレスが溜まっていると感じていなくても、自分の好きな事や、楽しい事に費やせる時間を作ることが大切です。[br num=”1″]

方法によって、育毛対策が肌に合っておらず、逆に薄毛を招いてしまっているような場合もありますから、頭皮環境を頻繁にチェックし、今までの頭皮の状態と変わってきている事がないかどうか、頭皮環境が悪化してきていないかどうかを確認することが大切です。[br num=”1″]

頭皮環境が悪くなってしまっている場合には、その原因をできるだけ早く追及し、頭皮環境の悪化を防ぐようにしましょう。そして、やはり良くわからない場合にはまず薄毛専門の病院、クリニックを訪れ、治療してもらう事をおすすめします。[br num=”3″]

脱毛症を知る

脱毛症の種類

脱毛症を知る

一般的にハゲと呼ばれるようなAGAの他に、女性の場合には、加齢による薄毛や、びまん性脱毛症もあるのですが、薄毛とは別の脱毛症と呼ばれる症状である場合もあります。[br num=”1″]

脱毛症の場合には、はっきりとした原因がありますから、その原因を排除しなければ改善することが出来ません。[br num=”2″]

脱毛症の種類としては、ストレスが原因として起こる、【円形脱毛症】[br num=”1″]

同じ部分をいつも結わいていたり、ヘルメットをかぶることなどで、髪の毛がいつも引っ張られてしまう事で起こる、【牽引性脱毛症】[br num=”1″]

妊娠から出産の期間中にホルモンバラスの乱れが原因となり起こる、【分娩後脱毛症】[br num=”1″]

フケが原因となり起こる、ひこう性脱毛症や、皮脂が原因となり起こる、【しろう性脱毛症】[br num=”1″]

などが脱毛症の種類として挙げられます。
[br num=”2″]

その他にも、抗がん剤などの薬の副作用として脱毛が起こってしまう場合もあります。[br num=”2″]

一般的な男性の特有のAGAや、びまん性脱毛と呼ばれる女性特有の症状ではない場合には、改善することができる場合が多いとされていますから、薄毛に精通している専門クリニックなどを受診し、自分の薄毛がどのような症状であるのか、AGAやびまん性脱毛症であるのかどうかを確認することが大切ですし、脱毛症毎による、改善策の違いをチェックした上で、薄毛の治療などを受けるようにして症状の改善を目指しましょう。[br num=”2″]

男女ともに脱毛症は起こってしまいますし、子どもでも脱毛症が起こってしまう事もありますから、自分自身で判断が付かない場合には、通院をすることで、医師の診断を受け、薄毛の治療など正しいケアを取り入れるようにしましょう。[br num=”4″]

ゴリラ

薄毛を隠す

ゴリラ
薄毛は隠そうと思えば思うほど不自然な印象を持たれてしまう事が多いとされています。[br num=”1″]

七三分けにしたり、オールバックにすることなどで、髪の毛を利用して薄毛を隠す場合、上手に隠しきれていない場合が多く、はたから見ると、頭皮を隠そうとしている事がわかってしまい、触れてはいけない部分として見られてしまいますから、髪の毛を利用して頭皮を隠すことはお勧めできません。[br num=”1″]

上手く薄毛を隠す方法としては、帽子を利用することが一番自然ですし、人から見られても恥ずかしいと思われることもありません。[br num=”1″]

ウィッグを利用したり、増毛をするような行為でも、髪の毛が薄くなっている部分を隠すことは可能となりますが、ウィッグを利用している事が人からわかってしまうと、非常に恥ずかしい思いをする事になりますから、注意しましょう。[br num=”1″]

男性の場合には使用することができませんが、女性の場合には、カチューシャやターバンなどを利用することで、お洒落に薄くなってしまった頭皮を隠すことが可能です。[br num=”1″]

ポニーテールなどにより頭皮を隠そうと思っても、頭皮が透けている部分を上手く隠すことが出来ない場合が多いため、アイテムを利用して頭皮を隠すようにすると良いでしょう。[br num=”1″]

シャンプーやリンスを利用し、ボリュームアップをすることができるような整髪料を利用することで、薄毛を隠すことも可能です。ふわふわしている髪の毛であると、それだけ透けた頭皮が見えなくなりますから、薄くなっている頭皮を隠すことが可能となるでしょう。[br num=”4″]