カテゴリー: 予防として!

薄毛の予防と対策

どこまでがおでこ?!

薄毛の予防と対策
薄毛が進行しているのかどうか、毎日自分で鏡を見ていてもわからないという人は少なくありません。[br num=”1″]

昔から生え際が上がっている人や、おでこが広いタイプの人の場合、人から見られて薄毛が進行しているのではないかと感じられてしまう事もあるのですが、髪の毛が薄くなっているわけではない人もいます。[br num=”1″]

薄毛が進行しているのか、おでこが広いだけであるのかを確認するためには、おでこにしわを寄せてみましょう。[br num=”1″]

おでこに入るしわは、おでこである証拠となりますが、しわが入らない部分は、薄毛が進行してしまっている可能性があります。[br num=”1″]

しわを上手に入れられないような人の場合には、物差しで測ってみましょう。おでこの広さが6㎝までであれば、髪の毛が薄いとみられることはほとんどありませんが、7㎝を超えたおでこの広さである人の場合、薄毛の進行が始まっている場合が多いとされていますから、育毛対策を取り入れ始めましょう。[br num=”1″]

一般的なおでこの広さが、4㎝から5㎝である人が多くなっていますから、6㎝を超えている場合には、注意が必要となります。[br num=”1″]

たとえ昔からおでこが広い場合でも、髪の毛が薄くなりやすい体質である場合が多いですから、早めのお手入れを開始するようにしましょう。[br num=”2″]

前髪を利用しておでこを隠す人は非常に多いのですが、前髪で隠せることができる範囲には限界があります。[br num=”1″]

おでこが広くなれば、その分前髪が長くなってしまいますから、隠すよりも、頭皮のお手入れを入念に行う事が大切です。[br num=”4″]

キレイな髪の毛

髪の毛の抜け替わり

キレイな髪の毛
髪の毛には、抜け替わる時期があります。[br num=”1″]

髪の毛は、1日に、70本から80本は自然に抜けても問題ないと言われていますから、髪の毛をブラッシングした時や、洗髪をしている時に抜け毛があるのは自然な事なのです。[br num=”1″]

髪の毛には、抜け替わるサイクルがあり、毛周期や、ヘアサイクルと呼ばれるサイクルは、5年から7年に1度、髪の毛が抜け替わります。[br num=”1″]

髪の毛は本数が多いため、若干の抜け替わりが起きても、急激に薄毛になってしまう事がないため、1日に70本から80本近く抜けてしまったとしても、全く問題がないのです。[br num=”1″]

薄毛に悩む人の場合、新たに生えてくる髪の毛が、細い髪の毛であったり、生えた後の髪の毛が太くならないままとなってしまう人が多く、抜け替わった髪の毛が今までよりも細くなってしまうことで、薄毛が進行してしまう場合が多いとされています。[br num=”1″]

髪の毛を太く元気にするためには、ヘアサイクルにより、再度生えてくる髪の毛を太くする事や、生えてきた髪の毛を太くすることが必要となりますから、栄養成分を毛根に行き届かせ、髪の毛にまで栄養分を蓄える事ができるようにすることが大切です。[br num=”1″]

抜け毛が多くなってしまっている人の場合、ヘアサイクルに乱れが生じてしまうことで、5年から7年たたず、1年から2年程度で髪の毛が抜けてしまう事が原因となってしまっている人もいますから、抜け替わる時期ではないのに髪の毛が抜けてしまう事がないように、頭皮環境を良くしておくことが大切となります。[br num=”4″]

ドライヤーで薄毛の予防と対策

正しくドライヤーを使おう

ドライヤーで薄毛の予防と対策
洗髪をした後、タオルドライだけで終わりにしてしまい、そのまま自然乾燥にしてしまう人は非常に多いとされていますが。実はこれ、薄毛の予防と対策という点から見ると、あまり良いこととは言えないようです。[br num=”1″]

夏場は暑いですから、ドライヤーを使うと汗をかいてしまうため、ドライヤーは使わないという人が非常に多いのですが、季節に関わらず、洗髪後は、出来るだけ早く髪の毛を乾かすことが薄毛の予防や対策には大切であると言われています。[br num=”1″]

髪の毛が濡れたままや、湿ったままいる事で、雑菌を繁殖しやすい状態となります。ドライヤーを使うと、熱さにより、頭皮にダメージを与えてしまうと思っている人もいるのですが、ドライヤーは正しく使用することで、薄毛の予防と対策に効果的となりますから、洗髪の後には、しっかりと髪の毛を乾かしましょう。[br num=”1″]

育毛剤を使用する場合には、洗髪の後に取り入れる人が多いかと思いますから、水分が頭皮に浸透している事で、育毛剤の浸透効果を弱くしてしまう事が考えられますし、水分と共に、育毛剤が流れてしまい、頭皮に吸収されないままとなってしまう事もありますから、育毛剤の前には、必ずドライヤーを使用しましょう。[br num=”1″]

ドライヤーの使用方法としては、熱すぎる温風ではなく、ぬるい温風を利用し、頭皮にダメージを与えないように、髪の毛と頭皮を乾かしましょう。[br num=”1″]

温風の温度にも注意し、頭皮とドライヤーを離してから使用するようにしましょう。[br num=”1″]

温風の方が、早く乾くのですが、熱すぎる事で頭皮のダメージとなってしまいますから、できるだけ低い温度で頭皮を乾かすことが薄毛対策に効果的となります。[br num=”4″]

早めの髪の毛対策を

髪の毛のハリやコシをチェック

早めの髪の毛対策を
薄毛が進行し始めると、急激にツルツルになってしまうわけではなく、髪の毛が抜け始めると共に、髪の毛を触ると、今までよりも、髪の毛が柔らかくなったと感じるようになる人が多いとされています。[br num=”1″]

薄毛になってしまう人の場合、毛根から急激に髪の毛が生えてこなくなるわけではなく、1つの毛根から生えてくる髪の毛が少なくなったり、髪の毛が細くなったりすることで、徐々に薄毛が進行しますから、毎日髪の毛をチェックしていると、薄毛が進行している事がわかる場合が多いと言われています。[br num=”1″]

女性の場合には、全体的に薄毛になってしまう人が多いため、髪の毛をセットする時に、髪の毛のハリやコシがなくなってきている事がわかりやすいのですが、男性の場合、短髪であったり、頭頂部だけが薄くなってしまっており、部分的にハリやコシが少なくなっている人も多く、ハリやコシがなくなっている事に気が付かない場合もあるとされています。[br num=”1″]

ですが、ハリやコシがなくなってきている場合には、抜け毛の量も増えていることと思いますから、最近抜け毛が多いと感じた場合には、頻繁に頭頂部を鏡に映し、薄毛が進行していないかどうかを確かめるとともに、育毛対策を取り入れ始めましょう。[br num=”1″]
早めの対策が育毛には非常に大切ですから、育毛剤を使用するだけではなく、様々な育毛対策を取り入れ、少しでも改善することができるように生活習慣の見直しを取り入れる事が大切となります。[br num=”1″]

発見が遅れてしまうと、それだけ改善までに時間がかかることになりますから、髪の毛の状態がいつもとは違うと感じた時には、しっかりと対策を取りましょう。[br num=”4″]

シャンプー選びは大切!

シャンプーの選び方

シャンプー選びは大切!
薄毛の人や薄毛の予防と対策には、余分な皮脂をしっかりと落とすことができ、そして頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが大切です。[br num=”1″]

[br num=”1″]
天然成分だけで作られているシャンプーでも良いのですが、洗浄力が弱い場合もありますから、洗い上がりに頭皮がべたついてしまっていないかどうかを確認することが大切ですし、逆に洗いすぎてしまうことで、頭皮がかさついてしまい、フケが出てしまっていないかどうかも大切です。[br num=”1″]

育毛シャンプーとして、皮脂をしっかりと落とすことができ、洗浄力が高い物はたくさん販売されているのですが、硫酸系の洗浄剤が配合されているタイプの育毛シャンプーは、皮脂を落としぎてしまいますし、頭皮に優しくない成分であると言われていますから、薄毛対策を取り入れている場合には、硫酸が配合されているシャンプーはできるだけ避けましょう。[br num=”1″]

自分の頭皮の状態をチェックし、炎症が起きやすい人の場合には、炎症を抑える事ができる育毛シャンプーを選ぶことが大切ですし、シャンプーを利用することで、頭皮が乾燥してしまう場合には、保湿成分が配合されているシャンプーや、アレルギー対応のシャンプーを選ぶようにしましょう。[br num=”1″]

中には、頭皮環境が整っても、髪の毛がパサついてしまうようなシャンプーもあるかと思います。[br num=”1″]

そんな時には、頭皮にはつけないように、コンディショナーなどを利用して髪の毛の状態と整え、頭皮環境を良くすることに重点を置いたシャンプー選びをすることが、薄毛対策につながるのです。[br num=”4″]

豆腐をマッサージ!

頭皮のマッサージを取り入れる

豆腐をマッサージ!

頭皮をマッサージすることで、頭皮の血行を良くし、栄養分をしっかりと行き届かせ、薄毛の予防と対策をすることが出来ますし、育毛剤を使用した時にも、育毛剤の成分を浸透させやすくする効果がありますから、薄毛対策のために、マッサージを取り入れるのも良いでしょう。[br num=”1″]

マッサージは、時間がある時に、どんな場所でも取り入れる事ができます。テレビを見ながらでも、湯船につかりながらでも、トイレに入りながらでも、両手が空いていれば簡単にマッサージを取り入れる事ができます。[br num=”1″]

マッサージの方法としては、指圧が中心となります。指を広げて立てた状態で、指圧をし、気持が良いと感じる力加減で行いましょう。[br num=”1″]

ツボに入ると、痛気持ち良いと感じるかと思いますから、その部分を入念に行う事で、更にマッサージ効果を高める事ができます。[br num=”1″]

ついでに『髪の毛が増えますように!』とか、『薄毛になりませんように!』などと、願掛けもするとモチベーションも上がるかと思います。[br num=”2″]

マッサージをする時の注意点としては、やり過ぎてしまい、頭皮に炎症を起こしてしまわないようにする事や、爪を立てて頭皮を傷つけてしまわないようにすることが大切です。[br num=”1″]

マッサージは、薄毛対策として、すぐに効果が出るわけではありません。[br num=”1″]

継続して行う事で、徐々に栄養分を浸透させやすい頭皮環境を作り出すことが出来る物ですから、できるだけ毎日取り入れましょう。[br num=”1″]

育毛剤を使用している場合には、育毛剤を使用する前後にマッサージを行うと、血行促進をする事ができますから、それだけ育毛剤の浸透効果を高め、薄毛の予防や対策として期待する事ができます。[br num=”1″]

薄毛かもと思い始めた時から取り入れる事ができる頭皮マッサージですから、毎日の日課として取り入れてみましょう。[br num=”3″]

日焼けと薄毛

日焼けにも気を使いましょう

日焼けをしてしまうと、薄毛が悪化してしまう事が多いとされています。

頭皮は、紫外線を浴びやすく、普段帽子をかぶることが少ない人の場合、気が付かない間に日焼けをしてしまい、頭皮環境が悪化してしまう事で、薄毛が進行してしまっている人は少なくないのです。

頭皮は髪の毛がありますから、日焼け止めをつける事が難しく、日焼けを防止するためには、日傘や帽子を使用するしか方法がないため、あまり頭皮の日焼け防止を取り入れる人が少ないのです。

頭皮が日焼けしてしまうと、頭皮が炎症をおこしてしまいます。

炎症を起こしてしまうと、髪の毛を育てる事ができなくなってしまいますし、炎症が治まってくることで、皮膚がむけてしまい、フケとなって頭皮に溜まってしまい、毛穴つまりの原因となってしまうのです。

日焼けの症状が治まるまでには数日間かかってしまいますから、栄養分が頭皮に行きわたらない期間が長くなればなるほど、頭皮環境が悪くなってしまい、薄毛になってしまうのです。

帽子をかぶることで、紫外線を防止するというのが、薄毛対策には非常に効果的となりますが、帽子は蒸れやすいため、通気性が良い物を選ぶか、使用したらすぐに洗う事ができるタイプの帽子を選ぶと良いでしょう。

最近ではスプレータイプの日焼け止めなども販売されていますから、頭皮にスプレーをするように日焼け止めを利用するというのも良いでしょう。

ですが、日焼け止めを使用した後は、いつもよりも入念に洗髪を行う事が大切です。

洗髪と薄毛

洗髪に気を使ってみる

薄毛に悩む人の場合、洗髪方法が正しくなく、汚れをしっかりと除去することが出来ていない人が多いとされています。

洗髪の目的としては、毛穴の中の汚れを除去し、不要な皮脂や、整髪料など、一日に溜まった汚れを除去することですから、正しく洗髪をすることで、薄毛対策に繋がります。

毛穴の中の汚れを除去するのは、簡単ではありません。シャンプーにより、かるく泡立てた程度では、毛穴の中の汚れをしっかりと落とすことが難しいとされています。

毛穴の中まで汚れを除去するためには、湯船につかるなどし、体を温めたり、頭皮を温める事で、毛穴を開かせ、その状態で洗髪をすることで、毛穴の中まで綺麗にすることができます。

洗髪の前には、必ず頭皮を濡らし、シャワーを利用して数分間、髪の毛をすすぎましょう。髪の毛をすすぐことだけでも、整髪料や外気の汚れ、皮脂など、ある程度は除去することが出来るとされています。

冷たい水では、汚れを落とす力が弱くなってしまいますから、夏場でも、お湯を使って髪の毛をすすぎましょう。

しっかりと髪の毛をすすいだ後は、シャンプーを頭皮になじませていきます。

髪の毛を数分間濡らすことで、髪の毛自体の汚れはほとんど落ちていますから、シャンプーは、頭皮に使用するようにしましょう。

軽く泡立てたシャンプーを頭皮にのせ、小刻みに指を動かしていきましょう。指の腹を使い、頭皮に傷をつけないように皮脂を落とすことが薄毛対策に繋がります。

隅々まで洗ったら、すすぎ残しがないように、しっかりと洗い流し、お風呂上りには、髪の毛を乾かすようにしましょう。

適度な運動を!

適度は運動を!

薄毛の人は、運動不足となっている人が非常に多いとされています。

運動不足がなぜ薄毛を引き起こすのかというと、運動をしない人の場合、体の代謝が悪くなってしまい、頭皮の血行不良となってしまう事が多いとされているからです。

運動をすることで汗をかくと、デトックスにもつながりますから、体の中に蓄積された老廃物を排出する事も可能となり、薄毛の原因となってしまう活性酸素も次第に減らすことが可能となるのです。

激しい運動は、ストレスとなってしまいますから、軽く汗ばむ程度の運動を取り入れる事が大切です。

お勧めとなるのは、ウォーキングや水中ウォーキングなどです。

体に負担をかけずに行う事ができる運動法となりますから、歳を重ねている人にもお勧めです。

20分以上の有酸素運動を行う事で、肺活量を上げる事ができますから、体全体の代謝を上げる事が可能となり、頭皮の血行促進にも効果的となるのです。

筋トレを行い、体全体の筋力アップをすることでも、血行促進をする事ができます。

運動が苦手な場合には、ストレッチでも良いでしょう。ストレッチをゆっくりと行う事で、頭皮や手足の末端まで血流を流すように様々なストレッチを取り入れましょう。

運動を行ったからといって、すぐに薄毛の改善をする事ができるわけではありませんが、育毛剤を使用する場合にも、血行が良くなっていれば、それだけ高い効果を得る事ができますから、週に2回から3回程度、運動を取り入れる事で、薄毛対策につながるでしょう。

ストレス解消!

上手にストレス解消です!

ストレスは薄毛の原因となる物ですが、ストレスが蓄積している事に気が付かない人は非常に多いとされています。

ストレスが体に与える影響としては、活性酸素を体内に溜まりやすくしてしまったり、体の様々な部分を正常に働かなくしてしまいます。

自律神経の乱れから、体の回復力が弱くなってしまったり、免疫機能が弱くなってしまう事もありまから、ストレスが溜まることで、体には様々な不調が表れてしまうのです。

ストレスが溜まることで、薄毛になってしまう原因としては、栄養分を頭皮にまで行き届かせることが出来なくなってしまう事が原因となってしまう人もいますし、円形脱毛症のように、ストレスがダイレクトに頭皮に影響を与えてしまう事もあります。

ストレスは、普通に生活を送るだけで溜まってしまう事もありますから、日頃からストレス解消法を取り入れ、ストレスにより、薄毛が進行してしまわないように心掛けましょう。

どんなに頭皮に栄養分を与える事ができたとしても、ストレスが溜まってしまう事で、栄養分を吸収することができなくなってしまいますし、育毛対策の効果を得る事ができなくなってしまう場合が多いとされています。

人によって、ストレスの度合いは違いますし、ストレスが頭皮に表れるか否かもわかりません。

ですが、ストレスで急激に薄毛が進行してしまう人もいますから、ストレスが溜まっていると感じていなくても、自分自身で楽しめる事を取り入れながら生活を送るようにしましょう。